消費者金融の女性キャッシングとは

最近は働く女性も増えているため、女性が安心して利用できるように女性を対象にした「レディースキャッシング」を用意している消費者金融が増えています。
「レディースキャッシング」とは担当者がすべて女性で対応するというサービスで、キャッシングに不安があっても安心して利用できるサービスです。
女性が「プロミス」でレディースキャッシングを利用する方法には、インターネットから申込む方法と、「レディースコール」といった専用回線から申し込む方法があります。
女性が申込をするとき、自動審査のあと担当者からの連絡が入りますが、そのときの連絡が男性スタッフのとき、キャッシングが初めてという不安もあり、威圧感を感じたり思ったことが言えないということがあります。
そんなとき、女性が対応してくれると分かっているだけで安心感が生まれ、担当者も同じ女性ということで相談もしやすく、プライベートなことも含め特にこみった事情があるときは女性同士なら相談しやすくなります。
また審査で勤め先への電話確認も女性担当者が個人名で掛けてくるので、周囲の人に変な詮索もされません。
「プロミス」の申込条件として年齢20歳以上69歳までの安定した収入が有るかた、となっており、安定した収入があればパートをしている兼業主婦のかたも利用できます。
ただ、「プロミス」は貸金業法の総量規制の対象になるので、年収がなければ利用できないので、収入のない専業主婦のかたは残念ながら申し込みはできません。
お金を借りることをメリットにつなげるには

関連記事

フリーローンの審査基準

キャッシングは日常生活においてもうまく利用できれば役に立つ便利なシステムですが、キャッシングを始めるためには審査にとおらなければ融資は受けられません。

フリーローンは一般ローンとちがい、無担保でお金を貸すので審査で一番重要視しているところは「お金を貸しても返すだけの返済能力があるかどうか」を見極めることで、お金を貸しても返してもらえなければ貸し倒れとなってしまうので、審査結果次第で融資希望額の全額で融資が受けられたり、不安要素があるので様子を見るといったことから融資限度額を下げられたり、属性が低いときは融資を断られる場合もあります。

審査基準は申込書の記入内容と信用情報機関の個人情報のデータをもとにして申込者の属性を調べます。

属性とは申込者の信用度を見ることでたとえば同じ会社での勤続年数が長いと、収入も安定しているし社会的信用も高いことから属性が高いと判断されますが、勤続年数が短く勤務先を転々と変えている人はいつ辞めるかもわからないということから属性が低いと判断されます。

また銀行カードローンでは「保証会社の保証が受けられる方」となっているところがほとんどで、保証会社の消費者金融の審査にとおることが条件になりますが、審査にとおるこということはさほどむつかしいことでもなく、給料をもらって普通の生活を続けていれば条件にもよりますが、まず審査に落ちることはないですが、審査に通るかどうかが不安な人は申込前に「借入診断」などを利用するのもひとつの方法です。

関連記事